麻酔科専門医
研修プログラム
2021年度 2020年度 2019年度 2018年度

高知大学麻酔科専門研修プログラム


地域医療から先端医療まで幅広い研修プログラムと連携。
世界で勝負できる麻酔科医を育てます。

高知大学医学部附属病院を基盤に、岡山大学病院、広島市民病院と連携をとり、最新医療の研修を進めます。加えて、日本の脳死判定第1例目を経験した高知赤十字病院では救急医療を中心とした麻酔診療が経験できます。
一方、高知県は日本でもトップレベルの高齢県です。地域医療の拠点である高知県立幡多けんみん病院は、地方都市のもつ医療問題を真正面から取り組んでいます。
術後認知機能、痛みでは世界をリードした基礎研究も行っています。地域医療から最新の医療まで幅広く習得できるだけでなく、医学研究者としての成長も考えています。一緒に麻酔科学を学びませんか。
施設サイト  プログラム詳細  


基本情報
専門研修基幹施設高知大学医学部附属病院
電話番号088-866-5811
FAX番号088-880-2475
担当者氏名山下幸一
プログラム責任者氏名横山正尚
基幹病院の種類医育機関
専門研修基幹施設病床数572
専門研修連携施設数(A)(B)合計4
募集定員5
該当施設日本ペインクリニック学会指定研修施設
日本集中治療医学会専門医研修施設
日本救急医学会救急科専門医指定施設
専門研修連携施設(A)
  • 高知県
    高知県立幡多けんみん病院
    高知赤十字病院

  • 岡山県
    岡山大学病院

  • 広島県
    広島市立広島市民病院

専門研修連携施設(B)
    専門研修連携施設(B)はありません