スペシャル
コンテンツ
Special.01
数字で見る麻酔科医
Special.02
先輩医師のリアルVOICE
Special.03
活躍する女性麻酔科医

Real voice

left順天堂大学医学部麻酔科学・ペインクリニック講座
主任教授 稲田英一さんからメッセージを頂きました。

Special Contents

麻酔科学の重要性は痛みをとり、患者さんの安全を守ること
公益社団法人日本麻酔科学会 理事長
順天堂大学医学部麻酔科学・ペインクリニック講座 主任教授 稲田英一(いなだ えいいち)

麻酔科学の重要性:痛みをとり、患者さんの安全を守る

 人を不安にさせるもの、人が恐れるものは何でしょうか。
多くの方が、疾患や、災害、事故、テロなどを思い浮かべたのではないでしょうか。

それらは、人の生活を脅かし、命を危険にさらすものです。そこに共通するものは、痛みだと思います。痛みには身体的な痛み、精神的な痛み、社会的な痛み、霊的な痛みなど、全人的痛みtotal painと呼ばれる痛みがあります。

 痛みをとることは麻酔科医にとって重要な役目です。手術や術後の急性痛のほか、ペインクリニックで扱う慢性痛、緩和ケアで扱う全人的な痛みをとることに麻酔科医は精力を傾けています。そして、麻酔科医にとってもう一つ重要なことは、患者さんの安全を守ることです。手術にしろ、集中治療にしろ、侵襲的な手技が行われ、合併症を起こす可能性があります。強力な薬物は、多くの場合、強い副作用をもっています。合併症や副作用を恐れていては何もできません。合併症や副作用をよく把握し、その発生を未然に防ぎ、起きた場合にも早期に発見し、それを治療することが重要です。

麻酔科医は、手術や集中治療、ペインクリニック、緩和ケア、救急医療において、安全管理というものに力を注いできました。

 

 

 

公益社団法人日本麻酔科学会理事長 稲田英一

麻酔科実践の面白さと将来性

 手術室における麻酔だけでなく、術後鎮痛管理、集中治療、救急医療など、患者の全身を診ることが必要です。ペインクリニックにおいても、痛みだけでなく、うつ状態、睡眠障害などについても対応する必要があります。麻酔科領域で習得できる気道管理を含む呼吸管理、循環管理、神経系管理、体液・代謝管理に用いる手技や薬物は、医療のどの領域でも重要なものばかりです。麻酔科医は新生児から100歳を超えるような高齢者、そしてあらゆる疾患に触れることができ、医師としての幅が広がります。麻酔科医は、手術室麻酔と周術期管理を担当するだけでなく、pain clinicianとして、あるいは集中治療医intensivistとしても活躍しています。
こうした活動領域の広さも麻酔科医の魅力です。

 重症患者さんの周術期管理をやり遂げた時だけでなく、侵襲の小さな手術を受ける安定した患者さんの周術期管理を完璧にやり遂げた時の充実感は麻酔科医でなければ味わえないものだと思います。

 麻酔科学およびその周辺領域はまだまだ進歩を遂げていく領域です。意欲に満ちた若い先生方が麻酔科学や関連領域を学び、さらに研究を発展させて、より安全で、安心できる医療を提供することを強く望んでいます。

 

公益社団法人日本麻酔科学会 理事長
順天堂大学医学部麻酔科学・ペインクリニック講座 主任教授
稲田 英一(いなだ えいいち)

1954年 東京生まれ
1980年 東京大学医学部医学科卒業
1990年 ハーバード大学助教授
1997年 帝京大学麻酔科学講座教授
2004年 順天堂大学医学部麻酔科学・ペインクリニック講座 教授