世界で一番最初に全身麻酔が成功したのは、日本!

#1 IN THE WORLD
1804年、江戸時代の日本で、世界初の「全身麻酔」による乳癌摘出手術が成功しました。この偉業を成し遂げた日本人医師の名は、華岡青洲。 華岡青洲は六十歳の患者に対する乳がんの手術に挑みました。患者に脚気(かっけ)と喘息(ぜんそく)があったため、四〇日以上もかけてそれらの治療を行うなど、青洲は慎重に手術前の準備を進めました。チョウセンアサガオを主成分とした「麻沸散(まふつさん/通称:通仙散)」による麻酔はよく効き、乳房から癌だけを摘出する手術は見事に成功しました。